今回のINDEX : 『 GWイベント情報その1』
 
 
山梨放送アナウンサーの加藤響子です。山梨県がお送りする『やまなしINDEX』です。
 
今回のINDEXは『 GWイベント情報その1 』です。
 
◇ ◆ ◇
 
待ちに待ったという方も多いのではないでしょうか!!ゴールデンウィークです!!
 
今年は4/29(土)から5/7(日)までです。
 
多い方では最大9連休と、まるで夢のようですね!!ラジオの前の皆様は何日くらい休めますでしょうか?
 
当番組では今週と来週の2回にわたってGWのイベント情報をお伝えします。
 
今回は4つのイベントをご紹介します。
 
 
『 こどもまつりFor考古博物館 』
 
山梨県立考古博物館で開催される『こどもまつりFor考古博物館 』です。
 
5/3(水)4(木)の両日開かれるイベントです。
 
火起こし体験や狩猟体験、縄文風スープの試食や「古代米で餅つき」など、古代を体験出来るアトラクションが盛り沢山!!
 
また、毎年盛り上がる大道芸のライブショーや「いちにちどうぶつ広場」で遊べます。
 
この日は常設展も無料です。
 
 
『 グリーンフェスタ&こどもまつり in フルーツ公園 』
 
山梨県笛吹川フルーツ公園で5/3(水)4(木)の両日開かれる『 グリーンフェスタ&こどもまつり in フルーツ公園 』です。
 
新緑の季節、さわやかな風を感じながら笛吹川フルーツ公園を楽しめるイベントです。
 
パトカー・消防車ふれ合いコーナー、子どもたちに大人気のマスのつかみ取りやキャラクターショーと盛り沢山!!
 
お笑い芸人ライブや模擬店も多数出店します。
 
 
『 富士川クラフトパーク ~わんぱく祭り~ 』
 
山梨県富士川クラフトパークで5/5(金)開催の『 富士川クラフトパーク ~わんぱく祭り~ 』です。
 
カヌー体験、クラフト体験、屋台村、大道芸、パトカー見学会、猿回し、スポーツ鬼ごっこ、カヌーやクラフト体験で子どもたちも大満足!!
 
また、高校生の吹奏楽部やパフォーマンスチームによるステージパフォーマンスがあります。自然の中で一日楽しめるイベントです。
 
 
『 リニア館開館3周年ゴールデンウィークイベント 』
 
山梨県立リニア見学センターで5/7(日)まで開かれている『 リニア館開館3周年ゴールデンウィークイベント 』です。
 
リニアクイズラリーやプラレール&リニアライナージオラマ展示が開催されます。
 
また、日替わりで演奏会、ピエロによるドタバタコメディステージもあり、家族で楽しめるイベントです!!
 
 
ラジオの前の皆様はどのイベントにお出掛けされますか?
 
今年のGWは県の施設に是非お出かけください。
 
◇ ◆ ◇
 
今回は『 GWイベント情報その1 』をご紹介しました。
 
次回は『 GWイベント情報その2 』です。
 
山梨県がお送りした「やまなしINDEX」。お相手は加藤響子でした!!それではとても良いゴールデンウィークを!!
 
 
clover clover clover
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX : 『 加速するダイナミックやまなし 』
 
 
山梨放送アナウンサーの加藤響子です。山梨県がお送りする『やまなしINDEX』です。
 
今回の「やまなしINDEX」は「加速するダイナミックやまなし」と題して、平成29年度のスタートに当たり、後藤斎山梨県知事にお話しを伺います。
 
◇ ◆ ◇
 
加藤アナ : 今回は、山梨県の今年度の取り組みについて、いくつかお話しを伺っていきたいと思います。
 
後藤知事、宜しくお願い致します。
 
後藤知事 : 宜しくお願い致します。
 

『 子育て支援について 』
 
加藤アナ : 先ずは、子育て支援についてです。今年度はどういった取り組みを行っていくのでしょうか。
 
後藤知事 : はい。山梨県では、これまでも、産前産後ケアセンターや、第二子以降の三歳未満児の皆さんの保育料の無料化など、若い世代の方々が安心して子どもを産み育てられるように、取り組みを進めて参りました。
 
本年度は、これを更に加速していきたいと考えております。
 
ラジオをお聴きの皆さんの中には、お子さんを保育園などに預けながら仕事をされている方もいらっしゃると思います。
 
そうした皆さんからは、お子さんが急に熱を出したり、病気になった時に、仕事のやりくりが大変だったという話をよく聞くことがあります。
 
このため、急な発熱などで保育園に預けられないお子さんを、病院などに併設をされた専用スペースで保育をする「病児・病後児保育」につきまして、市町村の圏域を越えた広域利用の仕組みを作っていきたいと考えております。
 
ちなみに、これは全国初めての取り組みになります。
 
こうした取り組みを通じて、子育てと仕事の両立に悩んでいらっしゃる方々の不安や負担を軽減をして、「日本一健やかに子どもさんを育む山梨」の一層の充実を図っていきたいと考えております。
 
加えて、本年度は東京都内において全国トップレベルにある本県の子育て環境を大いにPRをして、子育て世代の山梨県への移住の促進にもつなげていきたいと考えております。
 
 
『 産業の振興と雇用の確保 』
 
加藤アナ : 産業の振興や雇用の確保などについてはいかがでしょうか。
 
後藤知事 : 山梨県の基幹産業は機械電子産業です。
 
この機械電子産業を継続的に発展をさせながら、県内の中小企業などが取り組む成長分野、新しく伸びていく分野への進出を後押しすることで裾野を拡げて、足腰の強い産業構造への転換を進めていきたいと考えております。
 
それを通じて本県経済の更なる発展と安定的な雇用を確保していきたいと考えています。
 
また、ジュエリー、ワイン・日本酒、織物など本県が誇る特色ある地場産業につきましては、私自身もトップセールスなどを通じて国内外での評価の高まりを実感しています。
 
これからも、首都圏や海外におけるプローモーション活動などを関係業界の皆様方と共に力を合わせて積極的に展開をし、更なるブランドの向上、産業の活性化を図っていきたいと考えております。
 
更に、企業誘致の取り組みにつきましては、これも全国トップレベルの支援制度があります。
 
住みやすさ、優れた交通環境をアピールすることで、昨年は17社の企業が本県に来てくれることになりました。
 
本年度は更に市町村との連携を強化し、多くの企業に向けて本県への誘致ができるように積極的に取り組んでいきたいと考えております。
 
 
『 県民の皆様へ 』
 
加藤アナ : 最後に、ラジオをお聴きの皆さんへメッセージをお願いします。
 
後藤知事 : 本年度は、一昨年度作った総合計画・総合戦略に基づく取り組みを、更に更に加速をしていきたいと考えております。
 
特に、移住・定住、人口の転出の抑制につながる取り組みを重点的に行いながら、企業の立地の推進、県内産業の活性化、地域経済の発展と雇用の創出につながる様々な取り組みを加速して参ります。
 
更には、子育て環境の更なる充実をはじめとする県民の皆様方の暮らしに直結する取り組みにつきまして、大きな効果・成果が生み出せるように、重点的に予算を投入しまた。これらの事業を推進して行きたいと考えております。
 
山梨県を守り、発展をさせていくという、強い決意のもとに、全力を尽くして努力してまいります。
 
県民の皆様方の今まで以上のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。
 
加藤アナ : 今回は「加速するダイナミックやまなし」と題しまして、後藤知事に伺いました。ありがとうございました。
 
後藤知事 : ありがとうございました。
 
◇ ◆ ◇
 
今回は「加速するダイナミックやまなし」をご紹介しました。
 
山梨県がお送りした「やまなしINDEX」。お相手は加藤響子でした!! それではとても良い週末を!!
 
 
clover clover clover
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX : 『 子どもの交通事故防止 』
 
 
山梨放送アナウンサーの加藤響子です。山梨県がお送りする『やまなしINDEX』です。
 
今回の「やまなしINDEX」は「子どもの交通事故防止」についてお送りします。
 
『春の全国交通安全運動』が今月6日(木)から15日(土)まで実施されています。
 
特に、この時期は小学校に入学したてのまだ交通ルールに慣れていない子ども達も多いため、交通安全の徹底が重要です。
 
そこで、今回は「子どもの交通事故防止」に向けた取組について山梨県交通政策課の長嶋秀和さんにお話しを伺います。
 
◇ ◆ ◇
 
加藤アナ : 長嶋さん、宜しくお願い致します。
 
長嶋さん : 宜しくお願い致します。
 
加藤アナ : 先ず、「春の全国交通安全運動」について、どういったところに重きを置いているのでしょうか?
 
長嶋さん : 『 子供と高齢者の交通事故防止 ~事故にあわない、おこさない~ 』を運動の基本目的としています。
 
 子どもの交通事故防止に向けた取り組みは通園・通学における交通安全を中心に活動をしています。
 
 高齢者に対しては、高齢に伴って変化する身体機能が交通行動に及ぼす影響などの安全指導。また、高齢運転者の運転免許証自主返納制度や返納者への支援措置を周知する活動などに重点を置いています。
 
加藤アナ : その様々な活動の中で今回のテーマは「子どもの交通事故防止」です。とくに新一年生は初めての登下校で事故にあいやすいと聞いたことがあります。県では、どのような取組をしているのでしょうか。
 
長嶋さん : 山梨県では子供の交通事故防止に関して日常生活の中で、安全に道路を通行するための幼児・児童とその保護者に対する交通安全教育の広報活動や、通園・通学時間帯における街頭での幼児・児童に対する交通安全指導、保護・誘導活動を行っています。
 
 また、車を運転する方に関しては、スクールゾーンや通学路等における幼児・児童の安全な通行を確保するための交通安全総点検や注意喚起を促すための広報活動を行っています。
 
加藤アナ : 実際の子どもの交通事故における現状はどうですか?
 
長嶋さん : 山梨県内では2016年までの5年間で歩行中の交通事故で死傷した方の年齢は、7歳が最も多かったことが県警の調査で分かりました。
 
 これは警察庁が公表した全国の状況と同じで、小学校進学を機に事故が急増する傾向が県内でも浮き彫りになっています。
 
 7歳児の事故は春から夏にかけて集中し、登下校時が全体の5割を占めています。
 
加藤アナ : 登下校の時間には特に気を付ける必要がありますね。具体的にはどのような事に気を付ける必要がありますか?
 
長嶋さん : 子どもは興味を引くものに夢中になりやすく、交通ルールを教えられていても忘れてしまうこともあります。ですから、私たち大人が気を付ける必要があります。
 
 ドライバーの皆さんは、朝夕は忙しい方も多いかと思います。心にゆとりを持って運転していただき、交通ルールやマナーを守って、子どもの急な飛び出しなどに十分注意していただくようお願い致します。
 
加藤アナ : 子どもの安全のために、まわりの大人も気を付けていかなければいけないですね。
 
長嶋さん : その通りですね。
 
加藤アナ : 今回は「子どもの交通事故防止」について、山梨県交通政策課の長嶋秀和さんに伺いました。
 
 長嶋さん、ありがとうございました。
 
長嶋さん : ありがとうございました。
 
◇ ◆ ◇
 
今回は「子どもの交通事故防止」をご紹介しました。
 
次回は「加速するダイナミック山梨」というテーマで後藤山梨県知事に伺います。
 
山梨県がお送りした「やまなしINDEX」。お相手は加藤響子でした!! それではとても良い週末を!!
 
 
clover clover clover
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX : 『 信玄公祭り 』
 
 
山梨放送アナウンサーの加藤響子です。山梨県がお送りする『やまなしINDEX』です。
 
今回の「やまなしINDEX」は「信玄公祭り」についてお送りします。
 
◇ ◆ ◇
 
山梨の春の観光シーズンの幕開けを飾る一大イベント「信玄公祭り」。
 
46回目となる今年は、信玄公役に大月市出身の三遊亭小遊三さん、勘助役に林家三平さん、特別ゲストに林家木久扇さんを迎え、4月7日(金)から9日(日)までの3日間にわたって開催されます。
 
見どころはなんといっても《侍の最大集合記録》としてギネス世界記録にも認定されている「甲州軍団出陣」です。
 
今回は、出陣中の小遊三信玄公本陣隊に上杉勢が襲いかかる戦闘シーンの演出を加えることで、出陣をより見応えのあるものにするそうです。
 
また、出陣式における木久扇さんの役どころは当日までのお楽しみのようですが、落語家3人の個性を活かしたこれまでにないユニークな演出で、観客を沸かせてくれることでしょう。
 
ではここで信玄公役をつとめる三遊亭小遊三さんのメッセージです。
 
三遊亭小遊三さんからのメッセージ
『 YBSラジオをお聞きの皆さん、三遊亭小遊三です。
 
 「信玄公役をやれ」と言われてどうしたらいいか…3回ほどグルグルまわりました。信玄公役が出来るなんて夢にも思いませんでした。
 
 私は信玄公の「最後の隠し子」と言われています。あまり人には言わないでくださいね。冗談です。
 
 なんと申しましても甲斐の国のシンボル「信玄公」をやれて光栄の行ったり来たり(光栄の至り)で何処に行ったらよいのか分かりません。
 
 男らしい信玄公をやります!! 宜しくお願い致します!! 』
 
 
小遊三「信玄公」が出演する「甲州軍団出陣式典」は4月8日(土)午後4時から舞鶴城公園自由広場特設ステージにて、そして出陣は午後5時からです。
 
8日(土)9日(日)の両日は「賑わい城下町」や「信玄グルメ横丁」に、県産食材を使ったグルメや県産ワイン、地ビールなど様々なお店が出店されます。ご家族揃ってお出かけください。
 
詳しいイベントスケジュールは信玄公祭り公式ガイドブック、または信玄公祭りのホームページをご確認ください。
 
◇ ◆ ◇
 
今回は「信玄公祭り」をご紹介しました。
 
次回は「子どもの事故防止」についてお送りします。
 
山梨県がお送りした「やまなしINDEX」。お相手は加藤響子でした!! それではとても良い週末を!!
 
 
clover clover clover
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX : 『 山梨県大村智人材育成基金事業 』
 
 
山梨放送アナウンサーの加藤響子です。山梨県がお送りする『やまなしINDEX』です。
 
今回の「やまなしINDEX」は「山梨県大村智人材育成基金事業」についてお送りします。
 
県では、大村智先生(韮崎市出身)のノーベル受賞をきっかけに、次の世代を担う人材を育成するため、若者の海外留学や若手研究者の研究に対し、助成を行うとのことです。
 
今回は詳しいお話を山梨県私学・科学振興課の坂本健人さんに伺います。
 
◇ ◆ ◇
 
加藤アナ : 坂本さん、宜しくお願い致します。
 
坂本さん : 宜しくお願い致します。
 
加藤アナ : この事業はどのようなものですか。
 
坂本さん : まもなく募集を開始する2つの事業があります。
 
1つ目は、海外留学する高校生、大学生などの留学費用に対して助成を行う事業です。
 
2つ目は、若手研究者の研究費に対して助成を行う事業です。
 
加藤アナ : それぞれの事業を詳しく教えていただけますか。
 
坂本さん : まず、海外留学を支援する事業は、国際的な視野と高度な知識・技能の習得などを目的に海外留学をする、県内の高校生、大学生などを対象に、留学に要する費用のうち、世帯の所得に応じて最大100万円まで助成を行います。
 
加藤アナ : 100万円は大きいですね。「高校生コース」と「大学生等コース」の2つのコースがあるのですか?
 
坂本さん : はい。「高校生コース」の対象は、県内の高校に在籍している方で、6ヶ月から1年程度の海外留学に対して、5名程度まで助成を行います。
 
「大学生等コース」の対象は、県内の短期大学、大学、大学院、専修学校(専門課程)に在籍している方で、原則1年間の海外留学に対して、10名程度まで助成を行います。
 
なお、学位取得を目的とする場合は、2年間の留学も対象となります。ただし、どちらのコースも語学の習得を目的とした留学は対象とはなりません。
 
加藤アナ : 続いて研究費用の助成はどのようなものですか?
 
坂本さん : 若手研究者を支援する事業は、大学院生若しくは大学院を修了した40歳未満の方で、県内の大学や企業などで研究を行っている方、又は県内の高校、大学などを卒業して、県外の大学や企業などで研究を行っている方が対象です。
 
その研究費について、自然科学分野は最大100万円、人文・社会科学分野は最大50万円を、それぞれ5名以内に助成するものです。
 
加藤アナ : こちらも、100万円と50万円とかなりの金額を助成してもらえるんですね。
 
今年度はどのような研究があったのですか?
 
坂本さん : 「体内時計が花粉症などのアレルギー症状に与える影響に関する研究」や「県内の農作物の中から寿命延長効果を発揮する成分を探す研究」等がありました。
 
加藤アナ : こういった海外留学や研究の成果は、私たちも知ることが出来るのですか?
 
坂本さん : 来年度行う成果発表会で報告を行います。また、県のホームページにも情報を掲載します。
 
加藤アナ : 大村先生は『 人のためになることをしなさい。』という言葉をよく仰っています。次代を担っていく若い方たちには、失敗を恐れず何事にも果敢にチャレンジしてほしいですね。
 
平成29年度の募集は4月3日(月)から始まるとのことです。ぜひ皆さん、山梨県私学・科学振興課のホームページをチェックしてみてください。
 
今回は、坂本健人さんにお話しを伺いました。坂本さん、ありがとうございました。
 
坂本さん : ありがとうございました。
 
◇ ◆ ◇
 
今回は「山梨県大村智人材育成基金事業」をご紹介しました。
 
次回の放送は4/7(金)の放送になります。特集は「信玄公まつり」です。
 
山梨県がお送りした「やまなしINDEX」。お相手は加藤響子でした!! それではとても良い週末を!!
 
 
clover clover clover
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX : 『 甘い話 』
 
 
山梨放送アナウンサーの加藤響子です。山梨県がお送りする『やまなしINDEX』です。
 
今回の「やまなしINDEX」は「甘い話」についてお送りします。生活が変わる人も多いこの季節は、甘い話からの消費者トラブルや詐欺に特に気をつけなければなりません。
 
そこで今回は悪徳商法の手口や対処方法などについて県民生活センターの深澤恵子さんに伺います。
 
◇ ◆ ◇
 
加藤アナ : 深澤さん、宜しくお願い致します。
 
深澤さん : 宜しくお願い致します。
 
加藤アナ : つい興味をそそられてしまいそうな「甘い話」というのはどういうものでしょうか。
 
深澤さん : 例えば「いいバイトがあるよ」と、友人に携帯電話の在庫処理をするバイトがあると誘われ、携帯電話を何台か契約して渡しました。
 
バイト料も入り簡単なバイトだったと思っていたところ、友人とは連絡が取れなくなり、販売店からは高額な請求書が届いた。
 
という相談がありました。
 
加藤アナ : どうしたらよいのでしょうか。
 
深澤さん : 先ず携帯電話を他人に譲渡することは、「携帯電話不正利用防止法」に違反することになり、罪になります。
 
早急に携帯電話回線を解約し、携帯電話を契約した経緯について警察に相談する必要があります。
 
また、携帯電話の支払い義務は名義人が負うことになっていますので、端末代等を支払わなければなりません。何十万円という請求を受けることもあるので、このような甘い話には絶対にのってはいけません。
 
加藤アナ : その他、どんなトラブルが多いのでしょうか。
 
深澤さん : やはりインターネットに関係するトラブルですね。
 
特に最近はスマートフォンの普及で小学生から高齢者までネットを活用するようになり、新たなタイプのトラブルが増加しています。
 
ソーシャルゲームで「無料」だと思っていたら、何万円も課金されていたとか、依然として「架空請求」「ワンクリック請求」の被害も大変多いです。
 
また、最近ではパソコンの画面にいきなりウィルス感染の警告音と警告画面がでて、「障害解決のためにはこちらへ」と電話するように記載があり、「警告画面が消えない。今後どうしたらよいか。」という相談もあります。
 
これはセキュリティーソフトの契約を勧める手口ですので、記載の電話番号には連絡せず、ウィルス感染については「情報処理推進機構」に相談してください。
 
大切なのは、相手に絶対に連絡を取らないことです。
 
慌てて連絡を取り契約をして、支払いのためにカード番号を伝えてしまったという相談もありますが、相手は海外の事業者であることも多く、支払ったお金は戻ってきません。
 
加藤アナ : 自分で判断せず、先ずは相談することが大事なのですね。
 
深澤さん : はい。県民生活センターは専門の相談員が秘密厳守でしっかり対応しますので、安心して御相談ください。
 
消費者相談は電話番号「 055-235-8455 」です。
 
加藤アナ : 皆さん、「甘い話」にはくれぐれもご用心ください。
 
今回は県民生活センターの深澤恵子さんにお話しを伺いました。
 
深澤さん、ありがとうございました。
 
深澤さん : ありがとうございました。
 
困ったときは、県民生活センターへ宜しくお願い致します。
 
◇ ◆ ◇
 
今回は「甘い話」をご紹介しました。
 
山梨県がお送りした「やまなしINDEX」。お相手は加藤響子でした!! それではとても良い週末を!!
 
 
clover clover clover
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX : 『 自動車の登録手続きは忘れずに! 』
 
 
山梨放送アナウンサーの加藤響子です。山梨県がお送りする『やまなしINDEX』です。
 
今回の「やまなしINDEX」は「自動車の登録手続きは忘れずに!」についてお送りします。
 
4月1日は自動車税の賦課(ふか)期日です。
 
自動車税は、(毎年4月1日午前0時の時点で運輸支局に登録されている)自動車の所有者に対して課税される県税です。
 
今回は詳しいお話しを県税務課の水上和彦さんに伺います。
 
◇ ◆ ◇
 
加藤アナ : 水上さん、宜しくお願い致します。
 
水上さん : 宜しくお願い致します。
 
加藤アナ : 先ずは「自動車税」についてあらためて教えていただけますか。
 
水上さん : 先程、加藤さんからもお話しがありましたとおり、自動車税は、毎年4月1日午前0時の時点において、運輸支局に登録されている自動車の所有者に対し、1年分課税される県税です。
 
5月上旬に送付される納税通知書により納めていただくことになっています。
 
平成29年度の納期限は、5月31日(水)です。
 
加藤アナ : 4月1日を基準に通知されるということは、現時点で自動車を手放していたり、住所などが変わった場合は注意が必要ですね。
 
水上さん : 先ず、下取りや売却で自動車を手放した場合、3月末までに運輸支局での登録手続きをしていないと、翌年度も以前の所有者に納税義務が発生してしまいます。自動車を廃車や解体した場合にも、注意が必要です。
 
また、納税通知書は、原則4月1日現在の車検証の住所に送付するため、住所などを変更した場合は、速やかに手続きを行ってください。
 
これらの登録手続きの詳細については、山梨運輸支局(電話050-5540-2039)までお問い合わせいただくか、総合県税事務所自動車税部のホームページをご覧ください。
 
加藤アナ : それから県では、自動車税や自動車取得税の身体障害者に対する減免制度の見直しを行ったそうですが、こちらについても教えていただけますか。
 
水上さん : 山梨県では、障害者の幅広い社会参加をより一層支援していくため、減免対象となる方の範囲拡大を図りました。
 
また、減免制度の趣旨や税の公平な負担という点から、減免額に上限を設けることとしました。いずれも、今年4月から実施することとしています。
 
詳しい内容については、県のホームページをご覧いただくか、総合県税事務所自動車税部(電話055-262-4662)までお問い合わせください。
 
加藤アナ : 今回は県税務課の水上和彦さんにお話しを伺いました。
 
水上さん、ありがとうございました。
 
水上さん : ありがとうございました。
 
◇ ◆ ◇
 
今回は「自動車の登録手続きは忘れずに!」をご紹介しました。次回の特集は「甘い話」です。
 
山梨県がお送りした「やまなしINDEX」。お相手は加藤響子でした!! それではとても良い週末を!!
 
 
clover clover clover
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX : 『 火災予防 』
 
 
山梨放送アナウンサーの加藤響子です。山梨県がお送りする『やまなしINDEX』です。
 
今回の「やまなしINDEX」は「火災予防」についてお送りします。
 
毎年3月1日から3月7日は『春の全国火災予防運動』です。
 
空気がとても乾燥するこの季節、火災への注意が必要です。
 
今回は峡南広域行政組合消防本部予防課の長谷川 充さんにお話しを伺います。
 
◇ ◆ ◇
 
加藤アナ : 長谷川さん、宜しくお願い致します。
 
長谷川さん : 宜しくお願い致します。
 
加藤アナ : 今の時季はどのような火災が多いのでしょうか?
 
長谷川さん : 平成27年の統計では、全国、県内ともに3月は最も火災件数の多い月となっています。
 
山梨では、空地・田畑・河川敷等の火災の割合が多く、全火災の4割以上を占めています。
 
その原因で最も多いのが「たき火」で、続いて「枯れ草焼きを含めた火入れ」となっており、屋外での火の不始末が主な原因を占めています。
 
加藤アナ : 山梨は畑が多いですから、けっこう「火入れ」をしている光景を見かけます。
 
長谷川さん : 屋外での火の取り扱いは、注意を怠ると自分だけでなく、周囲の人や物にも被害を及ぼし、林野火災などにも繋がる恐れがあります。
 
特に強風注意報や乾燥注意報が発令されている時には、屋外での火の取り扱いなどは控えていただき、やむを得ず火を取り扱う場合は十分な注意をお願いします。
 
加藤アナ : 火災が蔓延した場合は対応も難しくなってきますよね。
 
峡南消防本部ではそういった事態を想定して何か対策はしていらっしゃいますか?
 
長谷川さん : 峡南消防本部では『春の火災予防運動』期間中に、山梨県消防防災航空隊と林野火災を想定した合同訓練を実施するなど、万が一の状況にも対応できるように対策をしています。
 
加藤アナ : 火災の蔓延というと昨年12月に発生した糸魚川市での大規模な火災が記憶に新しいところですが、住宅火災にも気をつける必要がありますよね?
 
長谷川さん : はい。平成27年中に発生した火災による死者のうち、住宅火災による死者は全体の6割を占め、全国で914人、山梨県でも7人の方が亡くなりました。
 
また、そのうちの約7割が65歳以上の高齢者となっており、原因も「逃げ遅れ」によるものが半数を占めていました。
 
逃げ遅れを防ぐためには住宅用火災警報器の設置が必要です。
 
既に設置されているご家庭であっても設置から10年を経過すると、電子部品の寿命や電池切れなどがあるため交換が推奨されています。
 
また、いざという時に確実に作動するように定期的な確認もお願いします。
 
火災を防ぐために一番大切なことは「火災を未然に防ぐ」ことです。
 
これは「火災を発生させない」という皆様お一人おひとりの注意、心掛けがとても重要になってくると思います。
 
加藤アナ : 皆さん、火災を引き起こさないためにも、十分な注意と対策をお願い致します。
 
今回は峡南広域行政組合消防本部予防課の長谷川 充さんにお話しを伺いました。
 
長谷川さん、ありがとうございました。
 
長谷川さん : ありがとうございました。
 
◇ ◆ ◇
 
今回は「火災予防」をご紹介しました。次回の特集は「自動車の登録手続きは忘れずに!」です。
 
山梨県がお送りした「やまなしINDEX」。お相手は加藤響子でした!! それではとても良い週末を!!
 
clover clover clover
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX : 『 2月の県政トピックス 』
 
 
山梨放送アナウンサーの加藤響子です。山梨県がお送りする『やまなしINDEX』です。
 
今回の「やまなしINDEX」は「2月の県政トピックス」についてお送りします。
 
今月の県の動きをご紹介します。
 
◇ ◆ ◇
 
『 山梨県の新たなブランド魚の名称公募 』
 
山梨県では、食材としてさらなる魅力をもった魚として、キングサーモンとニジマスを交配した新しい魚の開発に取り組んできました。
 
この新しい魚の特徴は両親の長所を併せ持ち「飼いやすくて美味しい」こと。
 
3年養殖したものは全長70cm、体重3kgほどに成長!!大きいですね。身がきめ細やかで、脂ののりが良いことが期待されています。
 
食卓で食べられる様になるのは、東京オリンピックの年、2020年頃だそうです。待ち遠しいですね。
 
さてそんな新しいお魚、ただ今、素敵な名前を募集中なんです。
 
名付けのポイントとしては「キングサーモンとニジマス」という組み合わせを連想させるもの。
 
そしてキングサーモンの血を受け継いでいること。また「山梨らしい」「魚の特徴をとらえている」「消費者の購買意欲をかきたてる」などを踏まえてください。
 
私も、美味しそうな名前を考えてみます!!
 
応募期間は2017年3月21日(火)迄です。
 
最優秀賞は5万円、副賞として山梨県産農産物等が贈られます。
 
応募方法やお問い合わせは、山梨県農政部花き農水産課ホームページまたは電話055-223-1614までお願いします。
 
 
『「輝く若者」奨励賞を創設!第1号は平野美宇選手 』
 
山梨県は、県の未来を担う若者の功績を讃え、更なる活躍を奨励し、今後、様々な分野で活躍する若者が多くでてきてもらいたいという思いを込めて、新たに山梨県『輝く若者』奨励賞を創設しました。
 
そして、第1号として中央市出身の平野美宇選手への表彰を決めました。
 
平野選手は卓球の全日本選手権において史上最年少(16歳)による初優勝は本当に見事でした。
 
若い世代の皆さんに大きな勇気を与えてくれました。
 
山梨の未来を担う輝く若者をこれからも応援していきたいですね!!
 
◇ ◆ ◇
 
今回は「2月の県政トピックス」をご紹介しました。次回の特集は「火災予防」です。
 
山梨県がお送りした「やまなしINDEX」。お相手は加藤響子でした!! それではとても良い週末を!!
 
clover clover clover
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
是非お楽しみください。
今回のINDEX : 『 就任3年目に向けて 』
 
 
山梨放送アナウンサーの加藤響子です。山梨県がお送りする『やまなしINDEX』です。
 
今回の「やまなしINDEX」は『就任3年目に向けて』と題し、後藤斎山梨県知事にお話しを伺います。
 
◇ ◆ ◇
 
加藤アナ : 後藤知事、宜しくお願い致します。
 
後藤知事 : 宜しくお願い致します。
 
『 2年間を振り返って 』
 
加藤アナ : 知事就任から2年が経過したわけですが、これまでの2年間を振り返られていかがでしょうか。
 
後藤知事 : 多くの県民の皆様のご支持をいただき、第61代の知事に就任して以降、全ての県民の皆様が明るく希望に満ち、安心して暮らせる『輝き あんしん プラチナ社会』の実現に向けて、全力疾走して参りました。
 
本県には、豊かな自然はもちろん、誇るべき良いものが沢山あります。
 
私は、その良いものに厚みを増し、磨きをかけることで、本県のあらゆる魅力を更に向上させ、それが人口対策や産業振興に効果をもたらし、そして様々な分野に波及することで、本県の発展につながるとの考えで取り組んでおります。
 
一例を挙げれば、産前産後ケアセンター、第2子以降3歳未満児の保育料無料化、子どもの心のケアへの取り組みなどにより、子育て環境の質が大きく向上し、「日本一健やかに子どもを育む山梨」と言えるまでに本県の魅力が向上しました。
 
県民の皆様のご理解とご協力をいただきながら、山梨県全体の魅力も徐々に増しており、着実に前に進んできていると考えています。
 
 
『 3年目に向けて 』
 
加藤アナ : それでは、3年目に向けた抱負をお聞かせください。
 
後藤知事 : 1年目は「計画の年」、2年目は「実行の年」として取り組んで参りました。
 
3年目は、これまでの動きを加速させたいと考えていまして、新年度予算案もそうした考えのもとに編成しました。
 
 
人口問題について
 
県政の重要課題であります人口減少問題につきましては、市町村と連携して本県への移住・定住の促進や転出の抑制に取り組んだことにより、社会減の幅が縮減し、7年ぶりに2千人を下回るなど、取り組みの成果が徐々に現れてきています。
 
来年度も、人口減少対策の取り組みを加速していきたいと思っております。
 
 
子育て支援について
 
子育て支援については、保育所などへの看護職員の配置に取り組む市町村の支援や、経済的に余裕のない世帯のお子さんが高校に入学する際の負担を軽減するために、本県独自の給付金制度を創設するなどの取り組みを進め、子育て環境の一層の充実を図っていきたいと思います。
 
 
東京オリンピック・パラリンピックについて
 
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが3年後に迫っています。
 
東京オリンピック・パラリンピックが本県の魅力の向上と発展につながるよう、様々な取り組みを加速したいと思います。
 
 
リニア中央新幹線
 
2027年のリニア中央新幹線開業まで「10年」という節目の年です。
 
リニア開業の効果が、人、物の流れを含めて県全体に大きく波及するように、リニア駅周辺の整備はもとより、交通ネットワークの整備、新たな産業の集積や定住の促進、観光の振興など、開業までの限られた時間をしっかりと意識して、着実に取り組みを進めていきたいと考えています。
 
 
私は山梨発展の鍵は、やはり多様な主体との「連携」であると思います。
 
地域間、産業間など、様々な主体が力を合わせ、オール山梨で山梨の発展と皆様方の暮らしの向上に向けて取り組んでいきたいと思っております。
 
県民の皆様の昨年以上の御理解と御協力をお願い致します。
 
加藤アナ : 今回は『就任3年目に向けて』と題し、後藤知事にお話しをお伺いしました。ありがとうございました。
 
後藤知事 : ありがとうございました。
 
◇ ◆ ◇
 
山梨県がお送りした「やまなしINDEX」。お相手は加藤響子でした!! それではとても良い週末を!!
 
clover clover clover
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
是非お楽しみください。