2017ver_yoshioka_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/05/27(土)放送 )

『 王子と指輪 』

 
朗読アナウンサー
 
吉岡秀樹 YBSアナウンサー
 
 
朗読本編
 

2017ver_yoshioka_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/05/27(土)放送 )

『 王子と指輪 』

 

朗読アナウンサー

吉岡秀樹YBSアナウンサー


前口上

今回の朗読は私、YBSアナウンサーの吉岡秀樹が担当します。
 
朗読する作品は『福娘童話集』から、インドの昔話『王子と指輪』です。
 
主人公は、昔のとある国の王子様。母とつつましい生活を送っていました。
 
しかし、母からもらった金貨で(その価値とは不釣り合いな)動物を繰り返し、手に入れてしまった為に勘当され、ひとりぼっちとなってしまいます。
 
その後、王子様に災難が降りかかると、金貨でかつて購入した動物達が育ててくれたお礼にと一肌脱いでピンチを救ってくれます。
 
そんな健気な王子様と、動物達との心温まるやり取りをどうぞお楽しみください。
 
ぜひお聴きください。
 

2017ver_yoda.jpg

朗読タイトル( 2017/05/20(土)放送 )

『 櫛形山の碁盤岩と天狗 』

『 強清水 』

 
朗読アナウンサー
 
依田智子 YBSアナウンサー
 
 
朗読本編
 

2017ver_kato_yoda.jpg

朗読タイトル( 2017/05/20(土)放送 )

『 櫛形山の碁盤岩と天狗 』

『 強清水 』

 

朗読アナウンサー

依田智子YBSアナウンサー


前口上

皆様、こんにちは。
 
今週は、制作担当の私、依田智子が朗読もお送りします。
 
山梨にまつわる民話を2つ読んでいきます。
 
 
まず『櫛形山の碁盤岩と天狗』です。
 
その昔、櫛形山には身長が3メートルもある天狗がたくさん棲んでいて碁盤岩で碁を打っていたそうです。
 
そんな天狗が目の前に現れたら…。
 
 
もうひとつは『強清水(こわしみず)』です。
 
こちらは、旧上九一色村の民話です。
 
 
地元の民話、どんなお話が展開されるのか、ぜひお聴きください。
 
お楽しみに。
 

2017ver_elizabeth_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/05/13(土)放送 )

『 ピーターパン 』

『 サルの王様 』

 
朗読アナウンサー
 
ハードキャッスル エリザベス YBSアナウンサー
 
 
朗読本編
 

2016ver_murakami_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/05/06(土)放送 )

『 朝 』

 
朗読アナウンサー
 
村上幸政 YBSアナウンサー
 
 
朗読本編
 

2017ver_kato_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/04/29(土)放送 )

『 Soon 』

『 五年ぶりの電話 』

 
朗読アナウンサー
 
加藤響子 YBSアナウンサー
 
 
朗読本編
 

2017ver_kato_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/04/29(土)放送 )

『 Soon 』

『 五年ぶりの電話 』

 

朗読アナウンサー

加藤響子YBSアナウンサー


前口上

皆様、こんにちは。いかがお過ごしですか。
 
YBSアナウンサーの加藤響子です。
 
4月も終わりに近づき、淡いピンクの桜から瑞々しい新緑の目立つ季節になってきましたね。
 
今回はそんな季節の移り変わりをあらわす『 Soon 』という作品と、昔の淡い思い出がよみがえる『 五年ぶりの電話 』という作品をお届けします。
 
あなたの会いたい人は誰ですか?
 

2017ver_sakurai_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/04/22(土)放送 )

『 蒼穹 』

 
朗読アナウンサー
 
櫻井和明 YBSアナウンサー
 
 
朗読本編
 

2017ver_sakurai_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/04/22(土)放送 )

『 蒼穹 』

 

朗読アナウンサー

櫻井和明YBSアナウンサー


前口上

あっという間に桜の季節が過ぎ、甲府盆地は、早くも暑さを感じる日々が増えてきました。
 
まさに「晩春」、山梨の春の短さを実感します。
 
そこで今回は、この季節にふさわしい作品を朗読します。
 
傑作短編小説『檸檬』で知られる小説家、梶井基次郎の『蒼穹』です。(蒼穹=あおぞら、蒼空、蒼天)
 
ある晩春の午後、土堤から眺めた風景の中に自分の意識を投影した「私」の“精神の深淵”が描かれている作品。
 
爽やかな青空を前に、「私」が絶望的な負の感情を抱いてしまった理由は何か?
 
梶井基次郎らしい写実的な自然描写とともに、お楽しみいただければと思います。
 
ぜひお聴きください。
 
お楽しみに。